Speak Japanese "Perapera"(fluently)! にほんご ペラペラ

menu

Learn Japanese Online

JLPT N3 文法 ~にとって ~にたいして

スポンサーリンク

~にとって と ~に対してはよく混同される文法です。

~にとって for ~
Aにとって Bは ~だ。

この場合Aは Bを見て ~と 思う という意味。

上の文を言い換えると 同じ意味で Bは Aにとって ~だ
(A は Bを見て ~と 思う の意味で上と全く同じ意味になります。

例文:
彼は私にとって とても大切な存在だ 〇 He is very important for me.
(彼は私の視点から見るととても大切な存在だ)
彼は私に対して とても大切な存在だ ×

それは私にとってはやさしい料理だ。〇 It is easy cooking for me.
それは私に対して易しい料理だ。×

私にとっては複雑でした。〇 It was complicated for me.
私に対して複雑でした。 ×

泳ぐことは私にとって簡単です。〇 Swimming is simple for me.
泳ぐことは私に対して簡単です ×

一方 ~に対しては このような意味があります。

 

~に対して
「に対して」は動作・関心が向かう対象を示します。「-に対して」は、「要求する」、「請求する」、「反発する」、「責任を持つ」「訴える」、「親切だ」、「無関心だ」などといったものとよく一緒に使われます。
towards~ ; against~ ; regarding~ ; in contrast with~

彼は誰に対しても礼儀正しい。 He is polite to everybody, no matter who.

それは風に対して不安定です。That is unstable against wind.

私は人に対して気を使いすぎる。I worry about people too much.

彼は私に対して厳しい。He is strict towards me.

彼はみんなに対して優しいです。He is nice to everyone.

 

それでは練習問題です ~にとって or   ~に対してを入れてみましょう。

① ペットのマシュマロは私達家族(      )単なる犬ではなく家族なのだ

②上司に (     )文句を言う。

③去年の京都旅行は私 (    )忘れられない思い出だ

 

 

スポンサーリンク

関連記事

広告

Amazon

Travel Japan

スポンサードリンク

Categoly

About me.

私はオンライン日本語講師 Yukiko です。 Cafe talk というオンラインスクールで日本語を教えています。 ● JLPT受験コース ● 日本語ペラペラコース ● 日本語文法コース ● ビジネス日本語コース などなどたくさん クラスがありますので、一度trial lesson を受けてみて下さい。 → Yukiko's Japanese online lesson