Speak Japanese "Perapera"(fluently)! にほんご ペラペラ

menu

Learn Japanese Online

ビジネス文書の書き方

ビジネスにおいて、メールは手軽で便利なコミュニケーションツールです。一方、メールゆえのデメリットもありメールは万能なツールではありません。メールを使う上で必要なマナーなどを身につけて、有効活用しましょう。

件名は分かりやすく簡潔(かんけつ:simple)に。Mail subject is very important, so you should make the subject simply and clearly.

毎日大量のメールを処理しなけらばならないような忙しい人に、件名が明確でないメールを送信すると読まないで捨ててしまうかもしれません。

また、メールの受信者は受信リストに並んでいる件名と送信者の名前を元にメールを開く優先順位をつけていきます。その為、相手がメールを開かなくても分かるように件名は本文の内容を簡潔に分かりやすく書くべきなのです。

  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    件名は短く具体的に書く not only simple but also detailed

「~についてのご連絡」、「~のお願い」、「~に関するご報告」、などのようにメールを送信することで相手一番伝えたいことを書きます。

そうすればメールを受け取った相手は、メールの概要を大まかにつかんでから、メールを読むことができます。

  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    件名にRe:を複数使用しないようにする
  • ただし、企業からのオファー・内定通知へ返信する場合は、
    元の件名に「RE」を付け、名前を添えるのがベスト。
    正しい書き方の例
    RE:●●●●●●/Yukiko Tominaga
    件名を変えてしまうと混乱を招く恐れがあります。件名はそのまま残し、自分の名前を添えて返信しましょう。

広告