Speak Japanese "Perapera"(fluently)! にほんご ペラペラ

menu

Learn Japanese Online

日本旅行 山梨(河口湖)

【’17 日韓英捷。四國壯遊】關東’s最後拼圖—山梨

[2017年日本、韓国、イギリス、チェコスロバキア四カ国、弾丸旅行] 関東の残りのパズル―山梨。

序文(じょぶん)
初めに

2017年農曆年前夕,從台灣出發前往朋友所在的英國旅行,票價考量選擇從東京出發、經韓國轉機的「韓亞航空」。遠行前,順便拜訪關東附近唯一沒去過的山梨縣,遇見雪中感動的富士山。

2017年台湾の新年の前に、イギリスに友達に会いに行った。安い航空券の為、東京出発、韓国(仁川空港経由で)アシアナ航空に乗った。イギリスに出発する前に、山梨県は関東で唯一(ゆいいつ)行ったことがなかった場所だったのでこの残りのパズルを埋める(うめる)ことにした。雪の中の富士山を見て感動した。

晚班機前往東京,出境後前往貴賓室休息的途中,遇見剛解散的復興航空logo,成為歷史性的照片(現為泰國航空使用)
夜の便で東京に行って、出国手続が終わり、ラウンジに行く。途中、先日倒産したトランスアジア航空のロゴを見た。写真を撮って、いい思い出(おもいで)になった。(現在、タイ航空のラウンジです)


環亞貴賓室,質感較摩爾提升不少
新しい環亞ラウンジは、古いラウンジより品質が高くて気持ちがいい。

體驗過環亞貴賓室後,接近登機時間便前往B1登機門
ラウンジを出た後、搭乗時間が近づいたの(ちかづいた)でB1ゲートに向かう。

MM1028 羽田行き
第一次搭乘樂桃航空前往羽田。東京都內的羽田機場,隨著2010年「松山-羽田」航線復活、拉近台灣與東京的距離。近年超熱門的羽田,廉價航空只能利用凌晨時段起降,不喜歡睡機場的我此時才體驗羽田的紅眼航班。
初めてピーチ航空で羽田へ行く。東京都にある羽田空港は、2010年から「台北(松山空港)-羽田間」二つの都心の空港が再び繋った。一日の発着便(はっちゃくびん)がとても多い羽田空港は日中の航空便はとても混んでいて、LCC航空は暇な夜間だけを使用している。私は空港で寝るのは嫌だ(いやだ)。こんな経験は初めてだ。

羽田空港到着

凌晨一點抵達羽田機場,有別於2014年搭早班長榮抵達羽田的悠哉,已經延遲20分的樂桃,下機後「狂奔」入境。領行李出關已是01:31、領好預約的wifi機,順利搭上01:40開往川崎的深夜巴士。
午前一時、羽田空港に到着。2014年エバー航空で羽田に着いた時は時間通りだったので、電車でゆっくり東京に入ったが、今回のピーチ航空は20分遅れた。飛行機を降りて大急ぎで走って入国手続き(にゅうこくてつづき)を済ませ(すませ)、荷物(にもつ)を取って午前1:30分。 カウンターで予約したWi-Fiのルーターを受け取ったが、午前1:40、川崎駅行きのバスに乗った。

有鑑於廉價航空大增、清晨/深夜抵達羽田空港的航班大增(因羽田白天時間帶已滿),羽田空港規劃了深夜/早朝バス,前往東京主要地區(新宿、池袋、東京駅、品川等地)及部分神奈川縣(橫濱)可有更省錢的選擇。
羽田空港深夜/早朝バス
LCCは沢山あるが、真夜中(まよなか)到着の便ばかり。(昼間の時間帯はない)羽田空港では、深夜と早朝(そうちょう)バスサービスが初まった。東京と都内の主要地区(新宿、池袋、東京駅、品川。 一部の神奈川県(横浜)など)を結ぶ(むすぶ)深夜バスは安い。

(2017/4/1起增停新橋駅.大井町&お台場地區)
(2017/4/1から新橋駅.大井町とお台場も深夜バスサービススタート)

搭上1:40前往川崎的京急バス,因不喜歡睡機場,羽田機場膠囊旅館又位於國內線航廈仍須搭接駁車前往,因此選擇住在羽田空港附近。(京急電鐵大鳥居駅為最接近機場之住宿地,而蒲田、川崎則是東京都內離羽田較近又在東海道線上且相對於東京都心便宜的住宿地)

午前1:40川崎駅行きの京急バスに乗った。空港には椅子の上で寝て朝を待つ人がいるし、カプセルホテルに泊まる人もいるが、カプセルホテルは国内線ターミナルにしかなく深夜は連絡バスもない。 私は空港の椅子の上で寝るのは嫌なので、羽田空港(はねだくうこう)の近くのホテルに泊まることにした。(京急大鳥居駅は一番近い宿泊地(しゅくはくち)、蒲田(かまた)、川崎駅は東京都內と東海道線の上、都心より安い宿泊地です)

凌晨二點抵達預約的Daiwa Roynet Hotel,凌晨時段有門禁必須按對講機與櫃台通話,以日文核對身分後才會開啟自動門。上樓Check in才發現值班的櫃台是中國人,便快速的完成入住。
午前二時、予約したダイワロイネットホテル川崎に着いた。深夜はホテルの玄関ドアはセキュリティのため閉まっていて、ボタンを押して、自分の名前を言って、フロントの人が確認して、ドアが開いた。 カウンターにチェックイン手続き、担当者は中国人


可搭配ANA累積哩程的Edy卡感應器(2017/7/3起停發附加Edy功能之會員卡)
ANAのマイルを貯めることができる Edyカードのセンサー機(2017/7/3からANAメンバーズカードはEdy機能はついていない)

近年許多商旅提供超晚入住的服務,訂房網甚至有XX時入住可的選項供篩選。有些飯店甚至可以到29時(凌晨5點)check-in。讓搭晚班機的抵達的人可以不用擔心late show導致訂房被取消的問題。
抵達飯店已半夜2:30,飯店櫃台位於2樓,1樓深夜有門禁,須按電鈴報上大名才會開門。原已查好預約的日文念法以完整的日文句子報上大名,上樓才發現櫃檯是中國人,一切都用中文完成check in …
最近、たくさんのホテルは深夜チェックインもできる。ネットで到着時間も選べる。(一部のホテルは29時チェックインも可能(かのう))夜便(よるびん)の飛行機に乗って、ホテルの到着時間が遅れても心配はいらない。


Daiwa的床較舒適,但房間空間仍難以開平行李箱

 

川崎>品川。前往河口湖
前往河口湖的方法很多,最方便的莫過於從新宿搭乘高速巴士前往。由於住在東京南邊的川崎,前往新宿不是那麼方便,而川崎、橫濱、神奈川縣西部等地也有直達河口湖的巴士,最終由同在JR東海道線上的品川駅出發。
6點多從川崎出發,趕在通勤人潮出沒前踏上JR東海道線前往品川,日本各大都市圈電車皆有擁擠程度統計資料(日文:混雑率),今天搭的這段東海道線混雜率182%(川崎→品川間),為首都圈第10名,根據混雜程度定義,180%=難以在車內翻閱報紙、書籍的程度。


上野東京ライン。重新連接北關東與南關東
當初為了蓋新幹線而將東京-上野間的在來線鐵路截斷,以致橫濱、大船、熱海等地出發的東海道列車只能行駛到東京駅;來自東京北方埼玉、高崎(群馬)、宇都宮(栃木)等地列車亦只能行駛到上野使得上野~東京間短短3.6km山手線&京濱東北線承載來自多條路線的轉乘,混雜率高達199%。2015年3月東京~上野間重新接軌(命名:上野東京ライン)有效紓解過去的擁擠,混雜率降為163%,也讓列車可以一路開到分界點的熱海(静岡東部)。[註:JR六社之間普通列車僅行駛至分界點折返]

前往河口湖於高輪口乘車(亦可由羽田空港搭乘)
搭上京急巴士,從首都圈奔馳2小時到達山梨縣河口湖,幸運在寒流減弱後遇見晴朗的富士山。


富士山毫不遮掩地出現在眼前

富士急行。景觀(ビュー)特急
搭乘日本各種觀光列車是旅行中的一大趣味,JR六社的觀光列車多於假日行駛,在安排行程時發現每日行駛的景觀特急便排好行程上網預約座位。

搭乘景觀特急與富士山一同前行
早上抵達河口湖駅取票,下午1點乘車時站員表示因為他們的疏失,將原本預定的座位賣給別人,幫我安排「反向」單人座,並贈送一張明信片作為補償。

  
一上車就被全木製內裝給吸引,搭配大方窗,方便欣賞沿途景色,「富士急行」顧名思義是奔馳在富士山一帶的鐵道,當接近富士山時,列車放慢速度,車內廣播請大家欣賞富士山,並停車30秒供大家拍照,車上遇見的富士山又與車站遇見時不同感覺。

*********************************************************************

山梨。鉄道に富む山梨
離開了天上山、前往緊鄰河口湖畔的美術館。

對於藝術作品沒有太深入的研究,只是每次來到國外旅行都會安排幾個當地美術館豐富自己的心靈、再運用在教學中、讓學生有不同的學習饗宴。看不到富士山的美術館,卻有著能飽覽湖面的大型玻璃窗。不到一小時的短暫停留、卻享受了寂靜的舒適,這也是旅行中總愛往郊外跑的原因。

天上山を離れるて河口湖湖畔の隣にある美術館に行く。いつもは芸術品はあまり研究しないのだが、ただ海外旅行をするときは、いくつかの現地の美術館を見学することにしている。美術館へ行けば自分の心が豊かになり、それはすなわち教材として生徒たちに豊かな授業をしてあげることができる。一時間足らずの見学だったが、静かな環境の中でとても心が落ち着いた。だから私は大都市よりも自然豊かな地方都市への旅行を好む

12:30回到河口湖車站,已預約13:00出發的「景觀特急」。不到半小時的尷尬時間又想吃有點花時間的山梨名物—「餺飥」得做出選擇。最後內心的「鐵道狂熱」獲勝,在車站附近Lawson買了簡單食物,坐在車站內邊吃邊等車。
12時半、河口湖駅に着いた。13:00発つのビュー特急を予約した。半時間足らず、山梨名物“ほうとう”を食べるは急ぎ過ぎ。自分は鉄道大好きの為、ビュー特急は乗りたいので、近くにいるのコービーに簡単なおにぎりを買って、駅で待合室に食べたり、特急を待ちます。

與富士特急一同前行。富士急行の特急と一緒に進めましょう!
JR各鐵道公司的特色觀光列車多半只在假日運行。對於盡量避開假日的我而言,沒有經過設計的行程常會搭不到。此回在安排山梨的行程時意外發現富士急行「景觀列車」為每日運行、為了配合列車時間,河口湖觀光以見到富士山為目標足矣!
JR各社の観光列車、大抵は休日のみ運転ことです。出来る限り休日を免れるの私ようり、企画なしの旅行は、沢山観光列車は乗らないです。今回、山梨県の旅行企画は特別な“ビュー特急(富士急行)”は毎日運転です。ビュー特急が乗りたいので、河口湖に観光の目標は富士山が見ただけもいいです。
貼心的日本,讓旅行超質感&值得再訪
気がつく日本だ、旅行の品質をアップグレードと再訪ねるを欲しい。

早上抵達河口湖駅就先至窗口拿網路預約的車票。下午1點進站乘車時,站員表示因為他們的疏失,將原本預定的座位賣給別人,幫我安排「反向」單人座,並贈送一張明信片作為補償。感受日本的做事態度。
今朝、河口湖駅に着いて、窓口にネットで予約したの切符を取った。午後1時、改札口を通って、駅員さんと話しす:”私たちのミスで、元の席は重複販売をした、新しいの席は背中側に走りる。補償の為、絵はがきをくださいます”その態度は私にとても感心して、日本人の仕事態度を了解しました。

一上車就被全木製內裝給吸引,搭配大方窗,方便欣賞沿途景色,「富士急行」顧名思義是奔馳在富士山一帶的鐵道,當接近富士山時,列車放慢速度,車內廣播請大家欣賞富士山,並停車30秒供大家拍照,車上遇見的富士山又與車站遇見時不同感覺。
ビュー特急に乗って、車内は木製で内装を目を向けました。大きと方形の窓で景色を見るはとでも便利だ。
「富士急行」は富士山の麓(ふもと)に走る鉄道だ。特急は富士山に接近の時、スピードは下がって、乗務員はアナウンサーで皆さんを富士山にゆっくり見てください。富士山の一番近くの時、特急は30秒で停車しました。車内で富士山を会うは先、天上山に会ったの気持ちは全然誓う。

透過車窗遇見富士山。窓で富士山を会う
由於是平日車內乘客不多,服務員送上飲料後發現我講中文,特別用手寫繁體字條告訴我:「可以換座位」,貼心的舉動令人印象深刻。
平日の為、指定席の客様は多くない、乗務員は私に飲み物をあげて、台湾人を判る、手書きと繫体字で「席は自由に変更を出来ます」その印象づけるは深く残っている。
由河口湖至終點大月駅僅47min,因大月是JR中央線返回東京的轉乘站,幾乎所有乘客都預定在大月駅下車,唯獨我是到途中的「都留文科大学前駅」,河口湖出發僅29min即抵達。
河口湖駅から終点大月駅まで、特急は47分かかります。大月駅は JR中央線で東京に帰る乗換駅ので、ほとんどの乗客はそこに降りて、ただ私は途中の「都留文科大学前駅」に降りた、河口湖駅から29分かかりました。
上車時服務員有確認目的地,但似乎是「忙中遺忘」當我開始收拾行李時,服務員倒了烏龍茶並說還有近20min才會到,不用急。
河口湖駅に特急に入って、乗務員は降車(こうしゃ)駅を確認した。私は「都留文科大学前駅」着くの前、荷物を取った、乗務員はカップにウーロン茶をまた入ってと「大月駅まであと20分ごろ、ゆっくり飲んでは大丈夫ですよ」と話した。
服務員還拿出限定的明信&小商品片問我要不要購買,當我說好正準備掏錢時抵達「都留文科大学前駅」,連忙揹起背包下車,留下覺得我在耍她的服務員…
乗務員も限定の絵はがきを取って、私にいかがでしょうかと話した、財布を開けて、「都留文科大学前駅」に着いた、急ぎでバッグを取って、特急を降りた、乗務員は反応しないの感じと思います。
しかし…乗務員は 私の降車駅は全然「忘れてと間違えました。」

都留文科大学前駅下車目送特急離開-大学前の駅に降りて、特急に「さよなら」
在此下車轉乘普通電車前往「都留市」駅,由於兩站都有都留,一開始下車時還直覺走出站外確認公車時間,當路線及時間搭不起來時才發現是要在這站「換車」而已,便再進入車站等候…
駅を出かける。駅前のバススケジュール表は自分の計画は”大幅な違う”と普通列車で乗換、「都留市」駅に降りては正しいルートと思いました!

用點巧思,小站設計也可以很有質感 簡単なデザインで、駅は質感がある。
山梨県立リニア見学舘。磁浮新幹線
在此下車的目的是要前往鄰近位於半山腰的磁浮鐵道見學館。
都留市駅を降りての目的は隣に中腹にあるのリニア見学舘に行こう。

都留市駅站牌,很有鄉下的感覺。バス停、田舎の感じた。

磁浮新幹線列車(將投入未來中央新幹線上利用)リニア新幹線の列車、将来は中央新幹線で走ります。
連結東京-大阪兩大都市重要交通命脈,東海道新幹線自1964年開業至今走過54個年頭,縱使關西三空港(関西、伊丹、神戸)及東海道新幹線已使用16輛車廂&高發車密度,仍無法負荷兩地龐大交通量,日本政府計畫興建磁浮新幹線大幅縮短乘車距離。
東京と大阪間連結している、大切な交通線は1964年開業の東海道新幹線です。今は54年運転しています。関西圏の空港は三つがあります(関西、伊丹、神戸)及び東海道新幹線は16両と沢山便を提供している、東京と大阪間の交通量はずっと満足出来ないので、日本政府はリニア新幹線を計画して、現在は造営しています。

已趨近飽和之東海道新幹線及作為大災難時快速連接東京大阪之北陸新幹線(現通車至金澤,預計2030完工至大阪)飽和状態の東海道新幹線及び大災害来たの予備用の北陸新幹線(東京―金沢間は開業済み、2030大阪に着き予定です。)

班次密集的東海道新幹線(中-のぞみ&右-ひかりとこだま号)ー便は沢山あるの東海道新幹線

由於北陸新幹線延伸大阪計畫延遲,且因車程較長僅能當作備案,磁浮新幹線勢在必行,並正式定名為「中央新幹線」。其計畫早在1977年便開始於宮崎縣實驗(宮崎リニア実験線,止於1998)
北陸新幹線は大阪に延伸の計画は遅滞と北陸経由は東海道より時間は長いので、リニア新幹線新幹線の必要性は浮き出る、その名称は「中央新幹線」で呼ぶ、最初の計画は1977年始まったと宮崎県内に実験線実行しました(宮崎実験線は1988年廃止しました。)
1987年選定山梨縣作為第二次磁浮鐵道實驗線。同時於2013年發表中央新幹線沿線車站由東京都品川出發行經神奈川南部(橋本)、山梨(甲府)、長野南部(飯田)、岐阜(中津川)、愛知(名古屋)、三重(龜山)、京都奈良交界(設站於奈良縣)最終抵達新大阪,預計2027通車至名古屋、2045通車至新大阪。東京-名古屋車程40min(現行100min)、新大阪間67min(現行135min)。
1987年、山梨県は第二回実験線を選ばれた。2013年路線と駅の位置は発表しました。東京は品川駅から、神奈川県の南部(橋本)、山梨県(甲府付近)、長野県の南部(飯田)、岐阜(中津川)、愛知(名古屋)、三重(亀山)と奈良県内、京都府の付近、終点は新大阪駅です。

山梨實驗線,未來亦是中央新幹線的一部分。山梨実験線。将来も中央新幹線の一部分
僅三層樓的見學館,雖不像JR東日本鐵道博物館壯觀,但很詳細的介紹未來磁浮新幹線的應用、對沿線縣市的影響。看見超詳細又逼真的山梨縣車站模型及遠景,再次展現日本人精細的做事態度。
三階だけの見学館、JR東日本の鉄道博物館より簡単ので、詳細の将来、リニア技術で新幹線に応用のしと沿線都市の影響。超詳細と真実の模型と計画は、もう一度日本人は細いで事をするの態度を浮かぶ。

定時講故事、介紹山梨縣祭典、特色的超逼真模型。定時の物語、超真実の模型と山梨県の祭りを紹介する。
磁浮新幹線開通後亦使目前唯一沒有新幹線行經的山梨帶來新希望,目前由甲府(山梨縣廳所在地)搭乘特急あずさ至東京新宿約89min,未來將縮短為25min。
リニア新幹線開業は、首都圏の中で唯一の新幹線ないの山梨県に希望をくれる。現在、甲府(山梨県庁がいる)から、特急あずさで東京新宿は89分、将来は25分になります。

磁浮新幹線使山梨與成為東京1小時生活圈。リニア新幹線で山梨は東京一時間生活圏になる。
結束1小時多的參觀,從半山腰的見學館徒步下山。由於位在荒郊野外,公車班次少,但鄰近高速公路(中央自動車道),便挑戰走到高速公路上搭車回東京的新玩法。
見学は一時間ごろかかりました。中腹にいるの見学館を歩いで離れました。田舎の為、バスは少しある、しかし、隣は高速道路の中央道にいる、中央道のバス停に歩いて、新しいの旅行タイプを挑戦した。

告別磁浮見學館,期待早日開通的那天。見学館に告別、開業の日を期待している。

一離開見學館即可看見高速公路,但距離站牌有一段距離。すぐ、中央道に見た、バス停は距離がある。

徒步在鄉間小路… 田舎を歩く。
約莫20分鐘,成功看見站牌。日本鄉下地區站牌會直接設在高速公路上,節省客運上下交流道時間,部分地區過於偏僻,無交通工具可抵達此處上下車。
20分ごろ、中央道小形山バス停は見た。日本のバス停は高速道路に直接設置して、バスの時間を節する(ICを降りて、市街地に入っては必要ないです)、一部のバス停いるのエリアは僻地すぎ、交通工具はないで、利用は不便です。

超可怕的惠庭,在漆黑中走了50min才到達JR惠庭站(北海道)
超怖い恵庭バス停、暗い道の中歩いて50分、JR恵庭駅に着いた(北海道)

爬上一座不起眼的樓梯,忽略柵欄上的告示還以為禁止進入…
ぱっとしないの階段に上る、柵の文字はバス停を確認する

中央道小形山バス停
中央道是河口湖往返東京必經的高速公路,但並非每班車都會停靠。(詳細時刻表)
中央道は河口湖と東京間バスの経由ルート、一部のバスは小形山に停車しません。

富士急行バス路線図
由路線圖來看小形山僅有各站停的客運會載客,平均班次約一小時一班。
路線図で小形山は各停のバスが停車だけです、一時間は一本くらい。
這種高速公路上載客的客運多為「全車指定席」搭車前須先上網或用電話訂票留位,並「自行列印PDF車票」供司機回收,因此沒有上不了車被困在高速公路上的問題。
この高速バスは「全車指定席」、席を保留の為、乗車の前、ネット又は電話で予約して、自分でPDFの切符を持って、乗車の際、運転士に切符を出します、満席、乗車出来ない、高速道路に滞在の問題はありません、とても安心の乗車の方です。

行經中央道府中。中央道府中に通過(台湾のMRTは同じ名前の駅もあります)
70min的車程抵達新宿,換好英國回來後要使用的關東廣域券,前往東京換車回川崎收行李。
70分で新宿に着いた。JRみどり窓口で、イギリス帰り時使う、東京広域パスを買って、東京に乗換、川崎のホテルに荷物を片付けます。

3年前在名古屋吃到驚豔的矢場とん(台灣分店貴森森,還是來日本吃最對味)
3年前に、名古屋に矢場とんを食べたのカツ丼、とでもおいしかった(台湾の支店は高い、やっぱり日本に食べる方がいい)

碰到下班時間的JR中央線 通勤時間に会うの中央線


踏上纜車,隨著高度上升,河口湖與富士山在車廂的兩側、風景與街景一目了然。抵達山頂展望台,富士山近到彷彿觸手可及,終於來到山梨縣見到富士山的沸騰心情不言而喻,原來這就是「登高望遠」的滋味!
ロープウェイに乗って、だんだん高く登り、河口湖と富士山はロープウェイの両端にある。
山頂の展望台からはまるで富士山が手に届くようだ。
第32都道府県目、ついに山梨県に来た! 本当によかった!

親眼見識富士山美貌的夢想達成,再度踏上纜車下山。來到山梨不只是河口湖,正在施工中的磁浮新幹線在山梨縣的實驗軌設有展示館,當然要前去一探究竟!
現実にこの目で綺麗な富士山を見る夢が実現した、ロープウェイで山に降りました。山梨県は河口湖だけでなく、工事中のリニア新幹線は展示館がある、電車が好き私、もちろん見学に行く。


山梨でゲットしたご当地フォルムカード!