youtube podcast #2 gramping グランピング(新しいキャンプの形)

詩織: 「健人くん、週末暇?グランピングに行かない?」
健人: 「グランピング?聞いたことはあるけど、それって何?」
詩織: 「グランピングってね、”Glamorous”と”Camping”を合わせた言葉で、快適な設備が整ったアウトドア体験のことだよ。テントも豪華で、キャンプ初心者でも楽しめるんだ。グランピング協会によると、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称ということらしいよ」
健人: 「とはいっても、僕、キャンプ経験一度もないからゼロ知識なんだけど・・。」

詩織: 「大丈夫だよ、今度行く施設は特に、キャンプというよりは、まるで海外のリゾートホテルみたいだし、バーベキュー設備も整ってるから私達がやることといったら食料の買い出しぐらい。」
健人: 「へぇ、そうなんだ。海外のリゾートホテルか・・魅力的な言葉だね。でも、1つ大きな問題があるんだ。僕、人見知りでさ、初めての人とはあまりうまくやれないんだよね。」
詩織: 「大丈夫、私も友達を一人連れてくから、健人くんも誰か友達を一人連れて来たらどう?そうすれば、もっと楽しく過ごせるよ!」
健人: 「なるほど、それならいいかも。友達に聞いてみるよ。」
YUKIKO: 「日本では、最近キャンプが流行っています。キャンプというと、テントを張ったり、火をおこしたりと、初心者にはとてもハードルが高い物でしたが、最近では、テント設備ばかりではなく、まるでホテルに泊まるようにprivacyが守られたコテージがあり、温泉まども併設された所が多いです。 だから、会社帰りに手ぶらで、手ぶらというのは何も持たずにという意味ですが、そのまま都会から離れた自然豊かな場所でキャンプを楽しめるようになりました。

それでも、人の価値観は様々ですから、キャンプは自分でテントを設営しなければ意味がないとか、火起こしが簡単にできるのではつまらないという、昔ながらのキャンプスタイルにこだわる人も多いのです。
こうして、詩織・健人・桜子・涼太の4人は、グランピングに出かけることになりました。

English:

Shiori: “Kento, are you free this weekend? How about going glamping?”
Kento: “Glamping? I’ve heard of it, but what is it exactly?”
Shiori: “Glamping is a word combining ‘Glamorous’ and ‘Camping.’ It’s an outdoor experience with comfortable facilities. The tents are luxurious, and even camping beginners can enjoy it. According to the Glamping Association, it’s a name given to a ‘nature experience taking the best parts’ that frees travelers from the hassle of setting up tents and preparing meals.”
Kento: “That said, I have zero knowledge since I’ve never camped before….”

Shiori: “Don’t worry, the facility we’re going to is more like an overseas resort hotel than a campsite, and it’s equipped with barbecue facilities. All we need to do is shop for food.”
Kento: “Huh, that sounds nice. An overseas resort hotel…that’s an appealing description. But there’s one big problem. I’m shy, and I don’t do well with people I’m meeting for the first time.”
Shiori: “It’s okay, I’m bringing a friend along, so how about you bring a friend too, Kento? That way, we can all have a good time together!”
Kento: “I see, that might be a good idea. I’ll ask my friend.”

Yukiko: Recently, camping has become popular in Japan. Camping used to be a high barrier for beginners, involving tent pitching and fire starting. However, nowadays, not only are there tent facilities, but also cottages that provide privacy like staying in a hotel, and many places come with hot springs. So, after work, you can enjoy camping in a nature-rich place away from the city without bringing anything, ‘hand-free’ means without carrying anything.
Still, people’s values vary, and there are many who insist on the traditional camping style, claiming it’s meaningless unless they pitch their tent themselves or that it’s boring if fire starting is too easy. Thus, Shiori, Kento, Sakurako, and Ryota decided to go glamping.

Traditional Chinese :

詩織:「健人,這週末有空嗎?想不想去露營?」
健人:「露營?我有聽過,但那是什麼?」
詩織:「露營是將”Glamorous”和”Camping”這兩個詞合併的新詞,指的是設施舒適的戶外體驗。帳篷很豪華,連露營新手也能享受。據露營協會所說,這是一種免去搭建帳篷和準備食物等麻煩的”最佳自然體驗”。」
健人:「即使這樣說,我從來沒有露營過,完全不知道….」

詩織:「別擔心,我們這次要去的設施更像是海外的度假酒店,還有完善的燒烤設施,我們只需要買食物。」
健人:「哦,聽起來不錯。海外的度假酒店….這詞語很吸引人。但有一個大問題,我很害羞,不太擅長和第一次見面的人相處。」
詩織:「沒關係,我會帶一個朋友來,健人你也帶一個朋友來怎麼樣?這樣我們可以一起更開心地玩!」
健人:「我明白了,這個主意不錯。我會問問我的朋友。」

由紀子:「最近,在日本露營變得很流行。露營曾經對新手來說是一大挑戰,需要搭帳篷、生火等。但現在,不僅有帳篷設施,還有像住在酒店一樣保有隱私的小屋,很多地方還配有溫泉。因此,下班後,你可以不帶任何東西就去自然豐富的地方享受露營,「手空空」指的是不需要攜帶任何東西。
即便如此,每個人的價值觀不同,仍有許多人堅持傳統的露營風格,認為如果不自己搭帳篷、生火太容易就沒意思。因此,詩織、健人、櫻子、涼太四人決定去露營。」


[健人が運転する車内]
健人: 「みんな、アクアライン通るから、ちょっと景色を楽しもうよ。」
涼太: 「アクアラインって、あれ海の上を走るやつだよね?初めて通るから、わくわくするなぁ。」
桜子: 「海ほたるで休憩するの?あそこ、景色いいって聞いたことあるよ。」
詩織: 「そうそう、海ほたるは海の中にあるPAだから眺めもいいし、レストランやお店もたくさんあるよ。
健人: 「え?そうなんだ。 でも海ほたるに着くまでの道が海上に作られた道だから結構揺れるらしい。」
桜子「揺れるって、怖くない?」
詩織: 「あまりスピード出さなきゃ、大丈夫」
桜子: 「でもねぇ、手ぶらでキャンプって、本当に何も準備せずに大丈夫なの?何か忘れてる気がしてならないんだけど。」
詩織: 「桜子は心配性だなぁ。グランピングは設備が整ってるから、特に何も持ってこなくても手ぶらで行けるっていうのが魅力で、会社帰りにそのまま直行する人たちもいるくらい。」
涼太: 「へぇ、手ぶらでキャンプか。それは便利だね。でも、何か持っていった方がいいものはないの?」
詩織: 「まぁ、個人的な荷物は必要だけど、基本的な生活用品は用意されてるから、それほど心配しなくても大丈夫。」
健人: 「じゃあ、海ほたるで少し休憩して、コーヒーでも飲みながら次の段取りを話そうか。」
桜子: 「健人君ずっと運転だから疲れたでしょ?コーヒー飲んで、足湯にでもつかって、少し休憩して。」
涼太: 「そうだよ、健人にばかり負担かけてごめん。俺今自動車学校、仮免まで受かってあともう少しで免許取れるんだけど。」

健人: 「涼太が免許とってくれると、もう少し遠出もできるようになるね。楽しみだなぁ。」
ここでは、自動車学校や仮免(かりめん)、免許を取る、負担をかける、足湯、手ぶらで行く、わくわくするなどの表現が使われました。 手ぶらで行くというのは何も持たないでという意味です。 足湯は 足 特に ふくらはぎの中間ぐらいまでを温泉につけるもので、とても気持ちがいいです。

仮免というのは、運転免許を取る時に、自動車学校の中のコースだけを走ることに合格した ということで、この後、外へ出て 路上の運転を身に付け、最後に学科の試験を受けるわけです。その他の言葉の意味は概要欄のリンクから、私のhpに飛んで、英語と中国語の翻訳を見てくださいね。

English Translation:

[Inside the Car Driven by Kento]

Kento: “Everyone, we’re going through the Aqua-Line, so let’s enjoy the view.”
Ryota: “The Aqua-Line, that’s the one that goes over the sea, right? It’s my first time, so I’m excited.”
Sakurko: “Are we taking a break at Umihotaru? I’ve heard it has a great view.”
Shiori: “Yes, Umihotaru is a PA (Parking Area) in the middle of the sea, so it has a great view and lots of restaurants and shops.”
Kento: “Eh? Really? But I heard the road to Umihotaru, since it’s built over the sea, can be quite shaky.”
Sakurko: “Shaky? Isn’t that scary?”
Shiori: “It’s fine as long as we don’t speed too much.”
Sakurko: “But still, going camping without bringing anything, are we really okay without preparing anything? I feel like we might forget something.”
Shiori: “Sakurko, you worry too much. Glamping is attractive because it’s fully equipped, and you can go there empty-handed. Some people head straight there after work.”
Ryota: “Huh, camping empty-handed? That’s convenient. But isn’t there something we should bring?”
Shiori: “Well, personal items are necessary, but basic living supplies are provided, so you don’t have to worry too much.”
Kento: “Then, let’s take a short break at Umihotaru, and while having a coffee, we can discuss the next steps.”
Sakurko: “Kento, you must be tired from driving all this time. Have some coffee, soak your feet in a footbath, and let’s rest a bit.”
Ryota: “Yeah, sorry for always making you drive, Kento. I’m currently at driving school, passed my provisional license, and I’m close to getting my full license.”

Kento: “Once Ryota gets his license, we’ll be able to go on even longer trips. I’m looking forward to it.”

Yukiko:This section used expressions like driving school, provisional license, taking on a burden, footbath, going empty-handed, getting excited, etc. Going empty-handed means going without bringing anything. A footbath, where you soak your feet, especially around the calves, in a hot spring, is very relaxing.

A provisional license means passing the course-only driving within the driving school. After that, you acquire on-road driving skills and finally take the written exam. For the meanings of other words, please check the link in the description section, which will direct you to my homepage for the English and Chinese translations.

Traditional Chinese (Taiwan) Translation:

[健人駕駛的車內]

健人:「大家,我們要經過海上公路了,一起欣賞一下風景吧。」
涼太:「海上公路,就是那條在海上的那個對吧?這是我第一次經過,感覺很興奮。」
桜子:「我們要在海之蝶休息嗎?我聽說那裡的風景很好。」
詩織:「對對,海之蝶是位於海中的停車區,不但景色好,而且有很多餐廳和商店。」
健人:「啊?是嗎。但聽說到海之蝶的路因為是建在海上的,會有點搖晃。」
桜子:「搖晃,不會很可怕嗎?」
詩織:「只要不開太快就沒問題。」
桜子:「但是,不帶任何東西去露營,真的不需要準備任何東西就可以嗎?總覺得好像忘了帶什麼。」
詩織:「桜子真是愛擔心啊。露營的魅力就是設施齊全,可以空手去,有些人下班後就直接去了。」
涼太:「哦,空手去露營?那很方便啊。但是有沒有什麼是最好帶上的?」
詩織:「嗯,個人物品還是需要的,但基本的生活用品都有提供,所以不用太擔心。」
健人:「那我們到海之蝶稍作休息,邊喝咖啡邊討論下一步怎麼走。」
桜子:「健人一直在開車,肯定很累了吧?喝杯咖啡,泡泡腳,稍微休息一下。」
涼太:「對啊,一直讓健人開車真不好意思。我現在在駕校,暫時考過了,再過不久就能拿到駕照了。」

健人:「涼太拿到駕照後,我們就可以去更遠的地方了。真期待啊。」

由紀子:這裡使用了駕校、暫時駕照、負擔、泡腳、空手而來、感到興奮等表達。空手而來意味著不帶任何東西。泡腳,尤其是小腿中間部分泡在溫泉中,感覺非常舒服。

暫時駕照是指在駕校內只通過了場內駕駛考試的意思,之後要學習路上駕駛,最後才是理論考試。其他詞語的意思,請從簡介欄的連結跳轉到我的主頁查看英文和中文的翻譯。


[シーン: グランピング会場に車で到着する4人]
涼太: 「わぁ、ここがグランピング会場か。まるで海外のリゾートホテルみたい!」
桜子: 「本当だね。海のそばにプールもあるし、天然温泉まであるなんて。」
健人: 「これは期待以上だよ。宿泊施設の内装もおしゃれで、昔のキャンプ場にあったバンガローのイメージとは全然違う!」
詩織: 「4人で泊れるなんてゆっくりできるね。星空を見ながら、波の音を聞きながら、軽くシャンパンを飲むのもいいね。」
涼太: 「そうだね、エモい夜になりそう。でも、隣との距離が近いから、うるさくしないように気をつけよう。」
桜子: 「そうだね、迷惑はかけられないわ。」
涼太: 「旅の疲れを温泉で癒やして、それからすぐにお肉焼こう!」
健人: 「グランピング最高!これからの時間が楽しみだ。」

yukiko先生: 「グランピングはただのキャンプとは一線を画す、贅沢なアウトドア体験を提供します。天然温泉でリラックスした後、みんなでバーベキューを楽しむ準備をします。わからない言葉は概要欄のリンクからHPで調べてくださいね」

English Translation:

[Scene: The four arrive at the glamping site by car]

Ryota: “Wow, is this the glamping site? It’s like an overseas resort hotel!”
Sakurko: “Really. It’s true. There’s even a pool and a natural hot spring by the sea.”
Kento: “This is beyond expectations. The interior of the lodging is stylish, totally different from the image of bungalows at old campgrounds!”
Shiori: “It’s great that all four of us can stay together. It’ll be nice to drink some champagne while looking at the stars and listening to the waves.”
Ryota: “Yeah, it’s going to be an emotional night. But since the distance to the next site is close, let’s be careful not to be too loud.”
Sakurko: “Right, we can’t cause any inconvenience.”
Ryota: “Let’s heal the travel fatigue with a hot spring bath and then immediately start grilling some meat!”
Kento: “Glamping is the best! I’m looking forward to the time ahead.”

yukiko: Glamping provides a luxurious outdoor experience that sets it apart from regular camping. After relaxing in the natural hot springs, everyone prepares to enjoy a barbecue. If there are any words you don’t understand, please check the link in the description box to look them up on our website.”

場景:四人乘車抵達露營地]

涼太:「哇,這就是露營地嗎?簡直像國外的度假酒店!」
桜子:「真的耶。旁邊還有游泳池,甚至還有天然溫泉。」
健人:「這超乎預期的。住宿設施的內裝也很時尚,完全不同於以前露營地上的小木屋形象!」
詩織:「四個人可以一起住,可以好好放鬆。邊看著星空,聽著海浪聲,喝點香檳也不錯。」
涼太:「對啊,今晚可能會很有感覺。但旁邊的距離很近,我們要注意不要太吵。」
桜子:「對,我們不能給人帶來困擾。」
涼太:「用溫泉洗去旅途的疲憊,然後馬上開始烤肉吧!」
健人:「露營真是太棒了!期待接下來的時間。」

由紀子:「露營提供了與一般露營截然不同的奢華戶外體驗。在天然溫泉放鬆之後,大家準備一起享受燒烤的樂趣。如果有不懂的詞彙,請透過簡介欄裡的連結到我們的網站查詢。」


[シーン: カフェで集まる4人]
詩織: 「グランピング、本当に楽しかったね。また次も休みが合ったら、どこか行こうよ。」
健人: 「うん、いいね!グランピングは初めてだったけど、自然の中での快適さが最高だった。」
桜子: 「最近、ソロキャンプが流行ってるって聞いたけど、高いキャンピングカーや車の改造に何百万もかけるなんて、私的にはちょっと・・」
涼太: 「人にはいろんな価値観があるからね。」
詩織「そうそう、だからまずは形から入ろうってキャンプ用品を全部揃える人もいるらしい。」
詩織: 「もしグランピングじゃなく、本物のキャンプだったらテント設営や火起こし、調理やゴミ処理とか、きっととっても大変だったと思う。」
涼太: 「虫が苦手な人にとっては、キャンプやBBQはちょっと…って人もいるよね。」
桜子: 「でも、グランピングなら、リゾートホテルに泊まる感覚で楽しめるから、虫が苦手な私でも大丈夫だったわ。」
健人: 「食事の準備や後片付けは自分たちでやるけど、それがまたいい思い出になるんだよね。」
詩織: 「次はどこに行く?また自然の中でリフレッシュしたいね。」
健人: 「そうだね、次の休みの予定を合わせて、早めに計画立てよう!」

YUKIKO:いかがでしたか、この会話の中で使われている色々な言葉や表現は、私のホームページで英語と中国語の翻訳を使って解説をしていますので、時間がある方はチェックしてみてくださいね。

English Translation:

[Scene: The four friends gathering in a café]

Shiori: “Glamping was really fun, wasn’t it? Let’s go somewhere again when we all have time off.”
Kento: “Yeah, that sounds great! It was my first time glamping, but the comfort in the midst of nature was amazing.”
Sakurko: “I heard solo camping has become popular recently, but spending millions on a high-end camper or car modifications is a bit much for me…”
Ryota: “People have different values, after all.”
Shiori: “Exactly, that’s why some people like to start with the gear, getting all the camping supplies together.”
Shiori: “If it were real camping and not glamping, setting up tents, starting fires, cooking, and dealing with trash would have been really hard, I think.”
Ryota: “For people who dislike bugs, camping and BBQs can be a bit off-putting.”
Sakurko: “But with glamping, you can enjoy it like staying at a resort hotel, so even I, who dislike bugs, was okay.”
Kento: “We had to prepare our meals and clean up after ourselves, but that also became a good memory.”
Shiori: “Where shall we go next? I want to refresh in nature again.”
Kento: “Yeah, let’s match our next holiday schedules and plan early!”

yukiko: How was it? The various words and expressions used in this conversation are explained using English and Chinese translations on my website, so please check it out if you have time.

[場景:四個朋友在咖啡館聚會]

詩織:「露營真的很好玩,對吧?下次我們有空時再去某個地方吧。」
健人:「嗯,聽起來不錯!這是我第一次露營,但在大自然中的舒適感真的很棒。」
桜子:「我聽說最近單人露營變得很流行,但花幾百萬在高級露營車或車輛改造上,對我來說有點太過了….」
涼太:「畢竟每個人的價值觀都不同。」
詩織:「對對,所以有些人喜歡從裝備做起,把所有露營用品都準備齊全。」
詩織:「如果不是露營而是真正的露營,搭帳篷、生火、烹飪、處理垃圾肯定會非常辛苦。」
涼太:「對於不喜歡昆蟲的人來說,露營和烤肉可能有點讓人退卻。」
桜子:「但如果是露營,就可以像住在度假酒店那樣享受,所以即使我不喜歡昆蟲,也能接受。」
健人:「我們需要自己準備食物和清理,但那也成了一個美好的回憶。」
詩織:「下次我們去哪裡?我想再次在大自然中獲得新鮮感。」
健人:「對,讓我們匹配下一次的假期時間,並提前規劃!」

由紀子:你覺得怎麼樣?這次對話中使用的各種詞語和表達方式,在我的網站上有使用英文和中文翻譯的解釋,如果您有時間,請查看。

[健人が運転する車内]
健人: 「みんな、アクアライン通るから、ちょっと景色を楽しもうよ。」
涼太: 「アクアラインって、あれ海の上を走るやつだよね?初めて通るから、わくわくするなぁ。」
桜子: 「海ほたるで休憩するの?あそこ、景色いいって聞いたことあるよ。」
詩織: 「そうそう、海ほたるは海の中にあるPAだから眺めもいいし、レストランやお店もたくさんあるよ。
健人: 「え?そうなんだ。 でも海ほたるに着くまでの道が海上に作られた道だから結構揺れるらしい。」
桜子「揺れるって、怖くない?」
詩織: 「あまりスピード出さなきゃ、大丈夫」
桜子: 「でもねぇ、手ぶらでキャンプって、本当に何も準備せずに大丈夫なの?何か忘れてる気がしてならないんだけど。」
詩織: 「桜子は心配性だなぁ。グランピングは設備が整ってるから、特に何も持ってこなくても手ぶらで行けるっていうのが魅力で、会社帰りにそのまま直行する人たちもいるくらい。」
涼太: 「へぇ、手ぶらでキャンプか。それは便利だね。でも、何か持っていった方がいいものはないの?」
詩織: 「まぁ、個人的な荷物は必要だけど、基本的な生活用品は用意されてるから、それほど心配しなくても大丈夫。」
健人: 「じゃあ、海ほたるで少し休憩して、コーヒーでも飲みながら次の段取りを話そうか。」
桜子: 「健人君ずっと運転だから疲れたでしょ?コーヒー飲んで、足湯にでもつかって、少し休憩して。」
涼太: 「そうだよ、健人にばかり負担かけてごめん。俺今自動車学校、仮免まで受かってあともう少しで免許取れるんだけど。」

健人: 「涼太が免許とってくれると、もう少し遠出もできるようになるね。楽しみだなぁ。」
ここでは、自動車学校や仮免(かりめん)、免許を取る、負担をかける、足湯、手ぶらで行く、わくわくするなどの表現が使われました。 手ぶらで行くというのは何も持たないでという意味です。 足湯は 足 特に ふくらはぎの中間ぐらいまでを温泉につけるもので、とても気持ちがいいです。

仮免というのは、運転免許を取る時に、自動車学校の中のコースだけを走ることに合格した ということで、この後、外へ出て 路上の運転を身に付け、最後に学科の試験を受けるわけです。その他の言葉の意味は概要欄のリンクから、私のhpに飛んで、英語と中国語の翻訳を見てくださいね。
みんなの笑い声

[シーン: グランピング会場に車で到着する4人]
涼太: 「わぁ、ここがグランピング会場か。まるで海外のリゾートホテルみたい!」
桜子: 「本当だね。海のそばにプールもあるし、天然温泉まであるなんて。」
健人: 「これは期待以上だよ。宿泊施設の内装もおしゃれで、昔のキャンプ場にあったバンガローのイメージとは全然違う!」
詩織: 「4人で泊れるなんてゆっくりできるね。星空を見ながら、波の音を聞きながら、軽くシャンパンを飲むのもいいね。」
涼太: 「そうだね、エモい夜になりそう。でも、隣との距離が近いから、うるさくしないように気をつけよう。」
桜子: 「そうだね、迷惑はかけられないわ。」
涼太: 「旅の疲れを温泉で癒やして、それからすぐにお肉焼こう!」
健人: 「グランピング最高!これからの時間が楽しみだ。」
[シーン: 温泉と夜の準備]
ナレーター: 「グランピングはただのキャンプとは一線を画す、贅沢なアウトドア体験を提供します。天然温泉でリラックスした後、みんなでバーベキューを楽しむ準備をします。わからない言葉は概要欄のリンクからHPで調べてくださいね」

[シーン: カフェで集まる4人]
詩織: 「グランピング、本当に楽しかったね。また次も休みが合ったら、どこか行こうよ。」
健人: 「うん、いいね!グランピングは初めてだったけど、自然の中での快適さが最高だった。」
桜子: 「最近、ソロキャンプが流行ってるって聞いたけど、高いキャンピングカーや車の改造に何百万もかけるなんて、私的にはちょっと・・」
涼太: 「人にはいろんな価値観があるからね。」
詩織「そうそう、だからまずは形から入ろうってキャンプ用品を全部揃える人もいるらしい。」
詩織: 「もしグランピングじゃなく、本物のキャンプだったらテント設営や火起こし、調理やゴミ処理とか、きっととっても大変だったと思う。」
涼太: 「虫が苦手な人にとっては、キャンプやBBQはちょっと…って人もいるよね。」
桜子: 「でも、グランピングなら、リゾートホテルに泊まる感覚で楽しめるから、虫が苦手な私でも大丈夫だったわ。」
健人: 「食事の準備や後片付けは自分たちでやるけど、それがまたいい思い出になるんだよね。」
詩織: 「次はどこに行く?また自然の中でリフレッシュしたいね。」
健人: 「そうだね、次の休みの予定を合わせて、早めに計画立てよう!」
いかがでしたか、この会話の中で使われている色々な言葉や表現は、私のホームページで英語と中国語の翻訳を使って解説をしていますので、時間がある方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

About Us; Yukiko (日本人先生)

Yukikoと蔡老師はオンラインの日本語の先生です。Skypeを使って Cafetalk で個人レッスンをしています。

We're professional Japanese tutors. We are teaching Japanese via Skype.

Yukiko

● Yukiko's lesson
From basic serious Japanese student who can read "Hiragana" or who can speak English.If you can speak English, I can accept your request even you don't study "Hiragana" yet
● 日本語ペラペラ lesson
The students who want to speak Japanese fluently.

● JLPT N5 ~ N1

● ビジネス日本語会話、基礎コース~実践コース
ビジネス会話の基礎から、実際に日本語学校や大学のコースでは教えてくれない、日本語のビジネス会話の応対を何度も繰り返して頭に入れるようにします。

If you are curious about my lesson, please try トライアルレッスン at first. I'm looking forward to talking with you, :)

About Us: 蔡老師(台湾人)

蔡老師/YOU.KO

蔡老師は台湾人ですが、日本語がとても上手です。

蔡老師は日本人に対して中国語を教えます。全くゼロからでも大丈夫です。全部日本語で説明してくれます。

また、日本語を勉強したい中国人や台湾人には、中国語を使って日本語の基礎から教えます。

● 蔡老師 Lesson
中国語会話 ゼロ~ 中級、上級まで
資格試験を受けたい人にも対応します。

日本語会話 ゼロ~ N5ぐらいまで。
挨拶や日常会話、旅行会話ができるようになるまで指導します。

About this site

このwebsiteは、日本語を勉強する生徒さんたちのために作りました。日本語学校では教えてくれない、本にも書いていない表現をたくさん紹介していきます。

7net shopping

自宅でスーパー!

ロフト Loft

最近の記事

Calender

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP