Speak Japanese "Perapera"(fluently)! にほんご ペラペラ

menu

Learn Japanese Online

岩手 初遇東北新幹線/東北新幹線に初めて乗る!【再訪東北(2)】

【再訪東北(2)】岩手 遇東北新幹線/東北新幹線に初めて乗る!

搭乘普通電車抵達八戶。2002年,東北新幹線由盛岡延伸至青森縣南部的八戶,讓青森也成為有新幹線經過的縣(當時八戶-東京最快2小時56分),當時的終點八戶成為續往青森、函館等地、大量乘客進出的轉乘終點站,當時由函館經八戶至東京需6小時、首班車抵達東京也已是下午。
八戶。初遇東北新幹線/八戸。東北新幹線と初めで会う

普通電車で八戸に着いた。2002年、東北新幹線が盛岡から、青森県の南部にいる八戸に延伸し、青森も新幹線が通過県となった(その時、八戸‐東京、最速は2時間56分だった)、新幹線で終点になって、八戸は青森、函館へ乗換発着駅だった。その時、函館午前7時に、始発特急で、八戸経由、新幹線利用して、東京に着いたは午後一時だった。


旅行中途,巧遇開業15年的八戶。旅の途中、開業15年を会う。

アドバータイズメント



2010年,東北新幹線通車至新青森。青森市前往東京時間縮短為3小時20分,原行駛於八戶~青森及函館間的特急白鳥亦縮短至青森始發、八戶-青森間原有JR路線轉由青之森鐵道經營,八戶站也隨著新幹線向北延伸而失去終點站人潮的冷清命運。

2010年、東京新幹線は新青森に延伸した。青森と東京が繋がた、青森市から、東京へ行く時間は3時間20分に縮めた。元のシャトル特急”スーパー白鳥”は青森から発着になって、八戸‐青森間のJR路線は第三セクター化になった。現在、運営する会社は青い森鉄道だ。

八戸駅は新幹線で北へ開業の影響で、終着駅の人波を失くしまいました。

八戶終點時,新幹線月台上可直接轉在來線。終着駅の時代、新幹線ホームと在来線改札口は直通した。

住在還沒有新幹線的札幌,8月青森玩耍時搭北海道新幹線經函館回札幌,當時人都已在新青森站,卻只能「目送」對向的東北新幹線。直到此行搭船由青森上岸、再轉新幹線前往南東北,才終於體驗了這遼闊地區交通大動脈的東北新幹線

新幹線がない札幌で住んでいる。8月、青森へ遊び行って、北海道新幹線で函館経由、札幌へ帰ると新青森駅に乗ったことがない東北新幹線に見送った。今回はフェリーで青森県から、新幹線で南東北へ行って、やっと広い東北に大切な”東北新幹線”が乗った。

新青森站、與東北新幹線擦肩而過。新青森駅に、東北新幹線と擦れ違った。

懷舊完八戶車站,踏上曾是終點站的新幹線月台、搭上與我一樣來自北海道的隼(はやぶさ)號前往岩手。八戸駅の古事を懐旧した、終着駅だったホームを踏む、私と同じ出発地から(新函館北斗始発)はやぶさを乗って岩手へ行く。

隼(はやぶさ)號是東北&北海道新幹線中只停大站、最快的車種;但在盛岡以北,除了快速連接青森、北海道外,部分班次更擔任中途小站的重要交通工具。八戶往盛岡中途停靠了二戶、開始有許多乘客站立於車廂間、並停靠傳說中的秘境站–「岩手沼宮內」後抵達岩手縣中心–「盛岡」

はやぶさ号は東北.北海道新幹線の中一番速い、主な駅を停車だけの新幹線。逆に、盛岡以北に、一部のはやぶさは各駅停車になる、それは中間駅の重要な交通手段だ。盛岡へ、途中二戸に止まって、沢山乗客は乗車して、車両の間に立っている。新幹線の秘境駅―「いわて沼宮内」も停車する、その後、岩手県の市部――盛岡に到着しました。

看到いわて就知道岩手到了。いわてを見て、岩手県内に着いた。
盛岡。移動式的特色風景/盛岡。特別な移動式の風景

アドバータイズメント



抵達盛岡,下車的人潮匯集在月台上。除了踏上電扶梯下樓的乘客,還有一群乘客急忙趕往車尾處。為了讓秋田地區也能直達東京,東北、北海道新幹線與秋田新幹線會「合體」行駛;這樣的運行方式需要常態的準點率,是日本的獨特玩法、而分歧站就是盛岡,自然吸引很多遊客慕名拍照。(東北新幹線另與山形新幹線合體行駛,於福島站分離)

盛岡に着いて、降車の人は、ホームに集まって、エスカレーターでホールを離れて乗客以外、他の人は急いでホームの奥へ行った。秋田と東京間を繋ぐの為に、東北、北海道新幹線と秋田新幹線は併結運転している。その運転方はいつも定刻している日本の得意運営方法だ。その分岐駅は盛岡で、沢山人をホームに集めて見た。(東北新幹線と山形新幹線も併結運転する、分岐駅は福島だ)

對站員而言很平常的工作、對遊客而言很新鮮的景象。駅員より普通な仕事、観光客より新鮮な景色。

目送「合體」後的東北&秋田新幹線前往東京、踏上電扶梯下樓,才意識到已踏上日本第34縣–「岩手」。對於岩手的第一印象是2007年緯來日本台播出日本晨間劇,比嘉愛未的出道之作「旅館之嫁」。該劇以岩手縣老旅館為主題,帶出台灣人較少遊玩的東北地區(2004年長榮開航台北=仙台航線,唯當時直飛東北的唯一選擇)。

連結した東北と秋田新幹線で東京行く列車を見送って、エスカレーターを乗って、その時、自分の旅行で第34県を踏まれてが覚えた。岩手県の初めて印象は2007年台湾のテレビで岩手県で舞台をされて「どんど晴れ」でした。そのテーマは俳優比嘉愛未最初のドラマで「旧旅館の再生」物語です、その時、台湾人は少し行かない東北を紹介しました(2004年、エバー航空は、台北=仙台を就航して、その時、台湾から東北地域唯一の直行便をしている。)

岩手最大城,與成田一樣,發音很美國的盛岡。岩手の中心町、成田と同じ、発音が米国都市の感じだ。

旅館之嫁讓岩手的美麗被看見,2011年續集播出時正好碰上311大地震,劇中場景–遠野受到重創、東北新幹線則是不通,讓當時萌生想到東北玩耍的我感到難過與可惜,只能期待災區早日復原,直到2017年底才終於造訪。

どんど晴れで岩手県の美しいは見られる、私はきれいな岩手を旅行したいと思う。2011年、続篇を放送の時、東日本大震災が発生した、ロケ地の遠野も被災地になった。それは本当に復興を願ってやまないの気持ちで、2017年末、訪問で来た。

311災後49天、東北新幹線復駛、JR東日本推出感人廣告。311災後49日、東北新幹線を運転再開CM。

之前準備觀光物產檢定時,讀到盛岡名產「三麵」(炸醬麵、冷麵及椀子蕎麥麵),在八戶上岸後僅靠梅飯糰果腹。雖然不喜歡麵食,但抵達盛岡仍立刻前往站內知名炸醬麵店來頓遲來的「早餐」。

盛岡名產–炸醬麵(吃完後打入雞蛋變成蛋花湯的奇特吃法)

盛岡名物ーじゃじゃ麺(麺を完食して、玉子スープを入って、玉子スープをなる)
盛岡→花卷。前往不輕易認輸的童話村/花巻へ。負けない童話村へ出発

品嘗完可變成懷念蛋花湯的炸醬麵,緊接著搭乘JR在來線(東北本線)前往童話村,一個給我很多啟發的寧靜觀光地。新幹線與在來線皆由JR經營,賠錢的在來線多半會交由地方政府成立第三部門鐵道(例:東北本線盛岡以北)、仍有價值的路段則由JR自己留著(盛岡以南)但班次多半不多,為「引導」乘客多搭乘新幹線好賺錢,與新幹線平行的路段班次通常不多,在幅員遼闊的東北地區,新幹線很強勢的成為主要交通工具(盛岡-一之關間在來線平均一小時一班)

要快就搭新幹線的營運模式。速い、新幹線で。東北の行き方。

懐かしい玉子スープをなって出来るじゃじゃ麺を食べた。JR在来線で、童話村、啓発的な観光地へ行く。新幹線と在来線は全部JRで経営している、赤字を現れるエリアは、新幹線開通の際、地方政府にあげる(例:東北本線の盛岡以北)、価値を現れるエリアはJRを経営続ける、しかしその並行路線は、本数は減ってう運行している。それは稼ぐの為、乗客を新幹線で利用の方針だ、面積が多い東北地区、新幹線を乗らないで、移動時間が大幅にかかっている(盛岡‐一ノ関間、JR東北本線は一時間に一本ぐらい運行している)、新幹線は東北に強制な交通手段だ。

花卷。一個總是讓我想到銀絲卷的地方。花巻。銀糸巻きを思い出すの町

アドバータイズメント